青年部・青年局

山口県連青年部長挨拶

皆様、こんにちは。青年部長の星出拓也です。

山口県連青年部・青年局では、安倍政権の掲げる「地方創生」の実現に向けた気運を高め、県内で行われる各級選挙ではその最前線において、必勝に向け日々の組織強化に取り組んでおります。

今後も山口県の将来を担う若い世代の声を政治に反映させ、選挙への参加を促す取り組みや青年組織の強化に、私も先頭に立って全力で戦い抜いて参ります。

自由民主党 山口県連 青年部長  星出 拓也

山口県連青年局長挨拶

youth-photo001
みなさんこんにちは。青年局長の岩村誠です。

私は多くの若者たちが政治に興味を持ち実際に参加してくれるようになるよう、この青年部・青年局を通していろいろな事業を開催して働きかけていきたいと思っております。
自民党は人材豊富な政党です。多くの方とふれあい、多くの事を学び“即戦力”となってこの「まち」・この「国」をいっしょに創っていきましょう。

これからの山口県の伝統を支えていくあなたのご参加をお待ちしております。

自由民主党 山口県連 青年局長  岩村 誠

平成28年度 青年部・青年局活動方針

第1 基本方針

政権交代から4年目を迎えた本年、日本経済はまさに正念場であり、安倍政権の目指す政治は道半ば。政治基盤の安定継続へ向けて、青年部・青年局では、持ちうる力の全てを結集して、第24回参議院議員通常選挙の必勝へ向けた活動を展開していく。
選挙権年齢が18歳以上へと引き下げられる中、これまで以上に若者の声に耳を傾けることが重要となってくる。
その中で、党本部青年局と全国の青年部・青年局が緊密に連携し、街頭活動・研修活動を通じて青年党員の参画機会の拡充と結束の強化を図るなど、参議院選挙必勝への原動力として邁進していくものとする。

1. 先に行われた自由民主党青年部・青年局大会において、活動目標が次のとおり決定された。

(1) 参議院議員選挙必勝へ向けた応援体制の構築と連携の強化
(2) 若年世代との交流「Real Youth Project」の展開
(3) 学生部活動の充実・強化
(4) 全国一斉街頭行動の開催と拉致・領土問題の啓発の強化
(5) 被災地訪問事業「TEAM-11」を被災地からの派遣申請に基づき継続実施
(6) 青年世代党員の拡大や青年団体との連携の強化
(7) 国際交流の促進

2. 自由民主党山口県連青年部・青年局は、党中央の方針及び本年2月6日に開催された支部長・幹事長会議において定められた県連活動方針に基づき、平成28年度の県連青年部・青年局活動方針を次のとおり定め、その実現につとめる。

第2 党勢拡大に向けた取り組み

1.青年党員の現状と組織整備

イ わが県連の地域支部における青年党員は、

青年部 360名
青年局 791名
合計 1,151名

で、地域支部党員の18.1%を占めている。

ロ 青年部(局)未設置支部の解消
青年部(局)の未設置支部については、5名以上の青年党員を確保して、青年部(局)の完全設置を目指す。

ハ 学生部活動
選挙権年齢が18歳以上に引き下げられるので、定期的に活動して部員を増員するなど、組織を拡充していく。

2.青年党員の獲得

・昨年の目標1,000名は達成できたので、本年は1,000名を維持できるよう努める。
・青年党員(45歳以下)獲得月間を9月に設定し、青年部・青年局役員による一人5名の獲得運動を展開する。

青年部・青年局組織状況
地域支部党員 青年部党員 青年局党員 合計 増減
23年 4,792 202 524 726 15.2 -83
24年 4,822 186 527 713 14.8 -13
25年 5,237 228 566 794 15.2 +81
26年 5,603 235 635 870 15.5 +76
27年 6,368 360 791 1,151 18.1 +281

第3 各級選挙

1.第24回参議院議員通常選挙

選挙区公認 江島潔候補の必勝と比例代表公認で県連重点候補の阿達雅志候補をはじめとする、比例代表候補者全員の必勝を期す。

2.市町議会議員選挙

4.17投開票   下松市議補選
4.17投開票   美祢市議選
5.22投開票   周南市議選
11.26任期満了 防府市議選
11.13任期満了 光市議選
11.13任期満了 周防大島町議選

我が青年部・青年局代表候補者の必勝を期するとともに、わが党公認・推薦候補者全員の必勝を期す。

第4 研修活動の充実

1.党本部主催による全国研修会への参加

(1)全国研修会(党本部)
(2)被災地訪問事業「TEAM-11」

2.県連・支部主催の研修会への参加

(1)中央研修会
(2)青年局長杯ゴルフコンペ
(3)山口きらら塾(宇部支部を中心に昨年に引き続き実施)

第5 日常活動の強化

1.全国一斉街頭行動

北方領土返還運動、建国記念の日、拉致問題早期解決運動等、党青年局全国一斉街頭行動と一体になった活動を展開する。

2.選挙区支部別広報活動

党の政策について理解と支持を得るため、広報車による広報活動を毎月選挙区ごとに展開する。

第6 大会・会議の実施及び参加

1. 県連青年部・青年局大会 (県連) 5月22日
2. 青年部・青年局中国ブロック会議 (岡山県) 11月予定
3. 党大会、青年部・女性部全国大会 (党本部) 1月中旬
4. 全国青年部長・青年局長合同会議 (党本部) 5月末頃
5. 役員会 (県連) 年3~4回

このページのトップに戻る