青年部・青年局

山口県連青年部長挨拶

自由民主党 山口県連 青年部長  篠﨑 圭二 こんにちは!青年部長の篠﨑 圭二です。
山口県連青年部・青年局では、「謙虚に、そして力強く挑戦!」、安倍総裁のこの言葉の通り、子育てやワークライフバランスなど様々な問題を抱える、若い世代が希望や夢を持てる社会の実現に向け、そのお声を謙虚にお預かりしながら、政治に反映させ挑戦して参ります。
また、低迷が続いている若年層の投票率向上へ向け、政治への関心を高めていただけるよう日々の広報活動に努めて参ります。
ご指導ご鞭撻のほど、宜しくお願い申し上げます。

自由民主党 山口県連 青年部長  篠﨑 圭二

山口県連青年局長挨拶

自由民主党 山口県連 青年局長  笠本 俊也 青年局長の笠本俊也です。大役に身の引き締まる思いですが、全力で職務を全うして参ります。私は、産業・福祉・子育て等々、今正にその現場に向き合い、生産年齢人口世代の主役でもある青年部・局の皆様のお声や思いから、今の時代が求める政策は生まれてくると考えます。
皆様との連携を密にし、その声を形に変えて行ける様、そして総裁の地元として、我が党の政策について、更に多くの皆様にご理解・ご賛同頂ける様、部局一丸となって諸活動に臨んで参りましょう。

自由民主党 山口県連 青年局長  笠本 俊也

平成29年度 青年部・青年局活動方針

第1 基本方針

昨年、選挙権年齢が引き下げられ、今後は18歳選挙権の浸透と我が党への取り込みが党勢拡大の重要な一手となる。われわれ青年部・青年局はその最前線に立ち、若年層との交流事業の継続や学生部の活動強化に全力で取り組み、また、国内外での研修や全国一斉街頭行動等の事業を通じ、青年局活動への参画を促しつつ、青年党員の新規獲得にも取り組んでいき、強固な青年組織を築き上げ、各級選挙は言うまでもなく、来る衆議院総選挙必勝へ向けた活動に全力を傾注していく。

1. 先に行われた自由民主党青年部・青年局大会において、活動目標が次のとおり決定された。

(1) 来る衆議院総選挙必勝へ向けた青年組織の強化
(2) 若年世代との交流「PROJECT J」の全国展開
(3) 学生部活動の充実・強化
(4) 全国一斉街頭行動の開催
  「国に届け!18歳選挙権」「拉致・領土問題の啓発の強化」
(5) 被災地訪問事業「TEAM-11」を被災地からの派遣申請に基づき継続実施
(6) 青年世代新規党員の拡大や青年団体との連携の強化
(7) 国際交流の促進

2. 自由民主党山口県連青年部・青年局は、党中央の方針及び本年2月4日に開催された支部長・幹事長会議において定められた県連活動方針に基づき、平成29年度の県連青年部・青年局活動方針を次のとおり定め、その実現につとめる。

第2 党勢拡大に向けた取り組み

1.青年党員の現状と組織整備

イ わが県連の地域支部における青年党員は、

青年部 441名
青年局 870名
合計 1,311名

で、地域支部党員の19.0%を占めている。

ロ 青年部(局)未設置支部の解消
青年部(局)の未設置支部については、5名以上の青年党員を確保して、青年部(局)の完全設置を目指す。

ハ 学生部活動
新規に部員を獲得し、組織を拡充していく。

2.青年党員の獲得

・昨年の目標1,000名は達成できたので、本年は1,500名を達成できるよう努める。
・青年党員(45歳以下)獲得月間を9月に設定し、青年部・青年局役員による一人5名の獲得運動を展開する。

青年部・青年局組織状況
地域支部党員 青年部党員 青年局党員 合計 増減
24年 4,822 186 527 713 14.8 -13
25年 5,237 228 566 794 15.2 +81
26年 5,603 235 635 870 15.5 +76
27年 6,368 360 791 1,151 18.1 +281
28年 6,894 441 870 1,311 19.0 +160

第3 各級選挙

1.次期衆議院議員総選挙

常在戦場に備え、青年組織基盤を強固なものにし、全選挙区での圧勝を目指す。

2.山口県知事選挙

青年部・青年局の総力を挙げて戦い、自民党推薦候補者の必勝を期する。

3.市町長選挙

2.26投開票  柳井市長選挙
3.12投開票  下関市長選挙
3.19投開票  萩市長選挙
4.09投開票  山陽小野田市長選挙
4.16投開票  阿武町長選挙
7.09投開票  宇部市長選挙
8.27投開票  和木町長選挙
10.29投開票  山口市長選挙

4.市町議会議員選挙

2.05投開票  田布施町議選
4.16投開票  長門市議選
10.01投開票  山陽小野田市議選
11.19任期満了  阿武町議選
12.31任期満了  柳井市議選

我が青年部・青年局代表候補者の必勝を期するとともに、わが党公認・推薦候補者全員の必勝を期す。

第4 研修活動の充実

1.党本部主催による全国研修会等への参加

(1)全国研修会(党本部他)
(2)被災地訪問事業「TEAM-11」

2.県連・支部主催の研修会等への参加

(1)青年局長杯ゴルフコンペ
(2)山口きらら塾(宇部支部を中心に昨年に引き続き実施)

第5 日常活動の強化

1.全国一斉街頭行動

18歳選挙権、北方領土返還運動、建国記念の日、拉致問題早期解決運動等、党青年局全国一斉街頭行動と一体になった活動を展開する。

2.選挙区支部別広報活動

党の政策について理解と支持を得るため、広報車による広報活動を毎月選挙区ごとに展開する。

第6 大会・会議の実施及び参加

1. 県連青年部・青年局大会 (県連) 5月20日
2. 青年部・青年局中国ブロック会議 (山口県) 11月予定
3. 党大会、青年部・女性部全国大会 (党本部) 1月中旬
4. 全国青年部長・青年局長合同会議 (党本部) 5月末頃
5. 役員会 (県連) 年3~4回

このページのトップに戻る