女性局

平成28年度女性局活動方針

本年夏の第24回参議院議員通常選挙は、安定した政治基盤のもと、日本を大きく前に進めていくために、女性局が一致結束し、強固な選挙態勢を築き、必ず勝ち抜かなければならない。
また、児童虐待防止「ハッピーオレンジ運動」の継続と、女性特有の疾患に関する「研究」「啓発(教育)」「健診」のさらなる充実を図り、健康問題への対策を推進する。

1.組織強化対策

わが党の理念や政策に賛同する党員を増やし、党勢拡大を図るため引き続き党員獲得運動「絆プラスワンキャンペーン」の継続を行い、組織の基盤強化に努める。
地域支部女性局長の完全設置を目指す。

年次別地域支部党員数と女性党員数状況
地域支部党員 女性党員 増減
25年 5,853 2,153 36.8% +90
26年 6,464 2,406 37.2% +253
27年 7,461 2,804 37.6% +398

2.各級選挙対策

参議院議員通常選挙をはじめとする各級選挙において、党公認及び推薦候補者の必勝を目指す。
党女性局選挙活動委員(椎原局長)を中心に、女性局一丸となって必勝態勢を構築し活動する。
また、選挙権年齢が18歳以上への引き下げが見込まれることから、わが国の未来を担う若い世代に選挙への参加を促す取り組みを行う。

3.研修活動

県連主催研修会
・中央研修会(党本部研修)
地域支部主催研修会
・りぶるの会
・バス旅行等による研修会
・ミニ集会座談会等

4.女性局活動の活性化

友好団体、各種団体との政策懇談会を開催するなど、交流を深め、連携の活性化を図る。
「りぶる」購読の継続・拡販により、党の政策や党活動の理解促進を図る。

5.大会・会議

1 地域支部女性局長会議 (山口市) 4月
2 女性局大会 (山口市) 5月
3 中国ブロック会議 (山口県)
4 全国大会・党大会 (東京都) 1月
5 役員会 (山口市) 4月、5月、7月、10月、3月

このページのトップに戻る