山口県連について

山口県連について

県連会長あいさつ

岸 信夫

 6月4日に開催いたしました第74回自由民主党山口県連定期大会において県連会長に就任いたしました、岸信夫です。
 平素は、自由民主党山口県連に対し、格別のご支持・ご支援を賜り、厚く御礼申し上げます。

 さて、本年は憲法施行70年を迎えます。次の70年に向けて新しい憲法の姿を形作り、国会における憲法論議を加速させ、憲法改正に向けた道筋を国民に鮮明に示し、国民の理解を得つつ憲法改正を目指して参ります。

 また、わが国は、人口減少、超高齢化という危機に直面する中、地方創生と一億総活躍社会の実現に向けた取り組みが相互に連動しながら、人口減少と地域経済縮小を克服し、「まち・ひと・しごと」の創生と好循環を確立するために、各分野の政策を着実に推進して参ります。

一方、外交・安全保障の面でも、緊迫の度合いを増す東アジア情勢や頻発する国際テロなど、わが国を取り巻く安全保障環境は一層厳しさを増しており、揺るぎない防衛体制を確立することが喫緊の課題であります。

このように重要課題が山積する中、わが党は地域に根差し、その悩みや苦しみに共感する唯一の国民政党として、これらの課題に真摯に向き合い、行動を起こし、平和で明るい未来を創り上げていくという大きな責務があります。

自民党県連といたしましては、来年行われます県知事選挙や来るべき衆議院議員総選挙に向けて、強力な組織基盤を築くことが必須であり、そのためには、組織の根幹である党員の獲得が必要不可欠となります。党員を獲得し、組織の拡充に努めて参りますので、皆様の力強いご支持・ご支援を自由民主党へ賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

自由民主党山口県支部連合会
会長 岸 信夫

このページのトップに戻る